Tussiie Mussie ~タッジーマッジー~

 

ハーブの小さな花束...

中世の頃、ヨーロッパ大陸を襲った疫病から身を守るために、 

外出の際に必ず手にしたという香りの花束を、タッジーマッジーといいます。

当時、ハーブの強い香りは悪霊や病魔を退けると信じられていました。

その後、ビクトリア女王時代になると、ハーブの花言葉を組み合わせて花束を作り、

メッセージを伝え合うというロマンチックな意味をもつようになりました。

この習慣は結婚式や旅立ち、感謝の折に幸運を祈って贈る花束として、現在も受け継がれているようです。

 

 今までたくさんのタッジーマッジーを作ってきました。

一輪の花とハーブ達で、素敵な花束が作れます。

お庭のあるハーブで小さな花束からトライしてみてください。